「葉酸は水溶性ビタミン」タグアーカイブ

葉酸は水溶性ビタミンの一種でビタミンB群

葉酸はビタミンの一種で、色々な食べ物に入っている栄養素です。

その中でも含有量が多いものは、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。

他にも納豆や枝豆、ホタテもそうです。

とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが困難な方も多いと思います。

普段の生活や体調によっては無理をせずに、是非、サプリメントを利用してみてください。

サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できますから、おススメです。

妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。

葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

適切に摂取を続けることで、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。

葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。

赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。

葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。

しかし、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。

葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が25種類前後入っているものを選べば栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。

こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。

妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。

ですので妊娠を希望している方は、摂取をオススメします。

妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素です。

とはいえ、つわりや体調によっては、食事で葉酸を補給するのも難しくなりますが、そうした場合、無理な食事は厳禁です。

葉酸の摂取はサプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで葉酸をしっかりと摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。

葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天性神経管異常の発症リスクが減少することが明らかになりました。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が推奨しているんです。