「毛嚢炎” のリスク」タグアーカイブ

脱毛サロンで”毛嚢炎” のリスクが高まる

フラッシュ脱毛を施術した後、頻繁に起こり得る問題として、毛嚢炎があります。これは太い毛を脱毛処理した時に起こりやすく、女性ならVライン、男性ならヒゲなどに起きる頻度が高いといわれています。特に男性のヒゲ脱毛は毛嚢炎とセットになっているといっても過言ではないでしょう。ヒゲ脱毛をされる男性は最初からbそれを知って対応策をかんがえておきましょう。
フラッシュだけに起こるわけではなく、レーザーも含めた光脱毛のリスクなのだが、医療脱毛なら施術した医療機関で治療するなどの対処ができるが、エステではそれが出来ないですから、そのような危険を避けるためには、できれば医療クリニックでの脱毛をおススメします。毛嚢炎は時に強い痒みを伴ったり、発疹が出たりするので、予備知識のない人は驚いてしまう場合があります。
発疹が単発で少ない数ならすぐに治まるケースが多いが、数が多かったり、痛み・痒みを伴うものは治療が必要になってくる場合もありますので、早めに医療機関で治療することがいいでしょう。最近の傾向としては陰部周りの脱毛をするエステが増えてきているようですが、こういった部位を施術するだけの知識などを持ち合わせたエステティシャンが担当しているのだろうかおもってしまいます。陰部から肛門周辺は条件的にも毛嚢炎が出来やすい部位ですから、出来てしまうと治るのにも時間などを要すると思います。そういうリスクを承知で部位対象に選んでいるのだろうかと心配になってしまいます。