葉酸は加熱すると失われやすい

赤ちゃんを授かって栄養指導を受けたり、母親学級で指導された方も多いと思います。

実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。

葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。

ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。

食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が加熱すると失われやすいというリスクを理解し、摂取するようにしましょう。

妊婦にとって、葉酸摂取による効果はさまざまなものがあります。

とりわけて適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は最も注目したい効果です。

ですから、妊娠を計画をしている方は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することが良いと思います。

例えば、葉酸のサプリならば摂取が手軽に出来ますので、おススメですね。

胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが良いとされています。

では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。

なぜかと言うと通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。

それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。

ですから必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性はご家庭での普段通りの食事に加え、よりたくさんの葉酸を摂るよう厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。

葉酸を十分に摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。

サプリメントによる補給もおススメですが、赤ちゃんに悪影響が無いように、天然素材の葉酸サプリメントにすることが大事です。

妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。

葉酸は赤ちゃんが元気に育つために必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。

では、もし葉酸が不足してしまった場合、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。

葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。

ですから、胎児に葉酸が不足した場合、先天性の障害を発症する要因になると知られています。

また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です