バストアップエクササイズを継続して大胸筋を鍛える

バストは、悲しいことに加齢によって垂れていってしまいます。大きなバストではなくても垂れていってしまうんですね。もし、長い年月なにもせずに放置したならば、バストの上の薄い皮と胸の筋肉である大胸筋だけで支えられているバストは、皮膚は弛むし大胸筋は老化するしで、バストの重みに耐えられなくなっていきます。バストを支えてくれている皮や胸の筋肉がきちんとバストを支え続けてくれるように、エクササイズをはじめましょう。バスト回りのマッサージや、皮膚や筋肉の維持に必要な食事を意識することも必要ですよ。サプリメントを飲みながらのエクササイズは、効果が出やすいでしょう。バストアップに成功し、胸周りに脂肪がついたとしてもそのバストを支える筋肉を発達させていなければ、かっこ悪い胸になってしまいます。バストアップエクササイズを継続して大胸筋を鍛える、それが本当のバストアップにつながるのだと思います。バストアップの方法もいろいろありますが、自宅で毎日取り組めるバストアップの方法としてマッサージがあります。特に、このマッサージはバストアップ体操と一緒に取り組むと効果がよく見えてきます。ただ、そのままマッサージすると、バストの皮膚に負担がかかってしまいます。なぜかといいますと、バストアップのためのマッサージは、顔のマッサージとは異なって、なでるだけでなく結構しっかりめにマッサージします。出来れば、マッサージオイルやジェルなどを用いるとよいでしょう。マッサージでバストアップの効果が出てくる理由としましては、血行がよくなるため、ということになります。バストそのものの血行をよくするということでもありますが、しっかりマッサージすることで、バストを支える大胸筋に働きかけるわけです。つまり、大胸筋の血行を良くする事が出来るんです。そうすることによって、バストが垂れることはなくなりますから、マッサージがバストアップに効果を表すわけです。バストアップ体操と一緒に行なうと、より効果的だといわれる所以はここにあります。いつでも簡単に出来るバストアップマッサージの方法としましては、まず座ったら片方の手を胸の下側にあて、一方の手は胸の上側にあてます。下側の手は、胸から脇の下の方向へ、上側の手は脇の下から胸の方向へマッサージします。両手を同時に動かして20回くらいマッサージします。左右の胸で行います。お風呂でもバストアップマッサージする方法があります。まず、右胸を右手にのせ、左手は右胸の上に置きます。右手の手のひらでバスト上に押し上げ、左手はバストを下の方向に軽く押します。20回くらい繰り返します。左胸も同じように行ないます。一番大切なことは、続けると言うことです。毎日少しずつのマッサージがバストアップにつながっていくからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です