サプリメントであれば一日の摂取量の目安がついて管理しやすい

理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。

しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。

サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて管理しやすい為、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には是非試してもらいたいですね。

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、日本の行政機関である厚生労働省も妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。

葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿などに混じって排出されています。

ですから、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。

それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

葉酸を過剰に摂取すると、副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。

葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。

葉酸サプリを飲む場合には、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。

葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。

青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、フルーツでは、代表的なものにイチゴやライチがあると知られていますね。

その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。

柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。

簡単に葉酸を摂取したい場合は、オレンジジュースで補うのもおススメです。

お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。

葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。

葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。

ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。

総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとってどのような成分が入ったものを選べばよいのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。

そのような場合は、信用できる赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です